変形性股関節症 股関節痛とは 


変形性股関節症 股関節痛とは 

股関節痛の症状としては、足の付け根の部分の繋ぎめの
股関節が片方、又は両方に違和感がありがくがくしたり、
痛みが強くなって、重症の場合は 歩行も困難な状態に
なります。

激しい運動や一定の動作を繰り返すことで股関節にズレが
生じ、筋肉が収縮して神経が圧迫され痛みとして知覚
されます。

その結果痛みが出て、重症になると歩くことも 困難になります。
老人の場合は転倒するだけでも打ち所が悪いと骨折 したり、
股関節の痛みを感じるようになり、寝たきりに
つながる場合もあります。

普段から下半身の筋肉を鍛えて転倒しないようにして
股関節痛をおこさないように注意が必要です。


・変形性股関節症は自分の骨で治そう!―人工関節をえらぶ前によむ本

・股関節痛 股関節痛の原因

・変形性股関節症の症状

・股関節痛、変形性股関節症の治療法 種類

・変形性股関節症 運動療法

・変形性股関節症 筋肉強化 運動

・変形性股関節症 股関節痛 栄養 食物

・変形性股関節症 股関節のストレッチ

・変形性股関節症とヒアルロン酸

・変形性股関節症 骨量 骨密度検査を受けましょう



変形性股関節症の方は体重の管理が必要です。


変形性股関節症の方は体重の管理が必要です。

股関節は体重を支えています。体重が重いということは
歩く度に股関節の関節軟骨に負担をかけ、変形を促進させてしまいます。

股関節を治療するには体重をコントロールすることです。
身長に対しての平均体重が多い方は適正の体重にすることが必要です。

では、バランスのよい適正な」体重と身長はどんなものでしょうか?

今標準とされている体重は(BMI)いわれています。

BMI=体重÷(身長×身長)この式から数値を出します。
数値としては、22が目安で高いと肥満、低いと痩せ過ぎということに
なります。この数値は見た目ではなく病気になりにくい数値です。

undou_woman.png

体重を見直すのも治療のひとつです
食事量の管理=バランスの良い食事
と運動でダイエットしたいですね。









スポンサードリンク