介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』





股関節痛 変形性股関節症とは

変形性股関節症 股関節痛とは




変形性股関節症 股関節痛の治療 運動 リハビリ


股関節痛 変形性股関節症とは

股関節痛の症状としては、足の付け根の部分の繋ぎめの
股関節が片方又は両方に違和感があり
がくがくしたり、痛みが強くなって、重症の場合は
歩行も困難な状態になります。

激しい運動や一定の動作を繰り返すことで股関節にズレが
生じ、筋肉が収縮して神経が圧迫され痛みとして知覚
されます。
その結果痛みが出て、重症になると歩くことも
困難になります。
老人の場合は転倒するだけでも打ち所が悪いと骨折
したり、股関節の痛みを感じるようになり、寝たきりに
つながる場合もあります。
普段から下半身の筋肉を鍛えて転倒しないようにして
股関節痛をおこさないように注意が必要です。



・股関節痛 股関節痛の原因

・変形性股関節症の症状

・股関節痛、変形性股関節症の治療法 種類

・変形性股関節症 運動療法

・変形性股関節症 筋肉強化 運動

・変形性股関節症 股関節痛 栄養 食物


・変形性股関節症 股関節のストレッチ




変形性股関節症 治療法

 変形性股関節症 骨量 骨密度検査を受けましょう


 変形性股関節症 骨量 骨密度検査を受けましょう

股関節が痛いようでしたら、まずは整形外科で骨量検査をして、
自分の骨量を把握しておくことも大切です。

特に女性は、閉経後、女性ホルモンのエストロゲンが減少して
骨がもろくなってちょっとした転倒でも骨が折れやすくなります。
骨折は将来寝たきりにつながりますので気をつけたいです。

骨量が少ない時は、薬による治療が必要です。
症状にもよりますが、エストロゲン不足の場合は女性ホルモン
補充の薬、カルシウム不足の時は、カルシウムの吸収を助ける
ビタミンDなどの錠剤が処方されます。

普段から食事もバランス良く、カルシウム、ビタミンなど
しっかり摂りたいです。

骨密度を上げるためには、日光浴 と適度な運動をして
タバコ、コーヒー、お酒などはほどほどにしましょう。

毎日の努力で骨量は増やすことができます。
将来寝たきりにならないためにも骨量をしっかり増やしたい
ものです。

転倒が骨折につながる


変形性股関節症 股関節痛の 治療 運動 リハビリトップへ