変形性股関節症 股関節痛とは


変形性股関節症 股関節痛とは 

股関節痛の症状としては、足の付け根の部分の繋ぎめの
股関節が片方、又は両方に違和感がありがくがくしたり、
痛みが強くなって、重症の場合は 歩行も困難な状態に
なります。

激しい運動や一定の動作を繰り返すことで股関節にズレが
生じ、筋肉が収縮して神経が圧迫され痛みとして知覚
されます。

その結果痛みが出て、重症になると歩くことも 困難になります。
老人の場合は転倒するだけでも打ち所が悪いと骨折 したり、
股関節の痛みを感じるようになり、寝たきりに
つながる場合もあります。

普段から下半身の筋肉を鍛えて転倒しないようにして
股関節痛をおこさないように注意が必要です。


・変形性股関節症は自分の骨で治そう!―人工関節をえらぶ前によむ本

・股関節痛 股関節痛の原因

・変形性股関節症の症状

・股関節痛、変形性股関節症の治療法 種類

・変形性股関節症 運動療法

・変形性股関節症 筋肉強化 運動

・変形性股関節症 股関節痛 栄養 食物

・変形性股関節症 股関節のストレッチ

・変形性股関節症とヒアルロン酸

・変形性股関節症 骨量 骨密度検査を受けましょう



キンンスマ 死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい 小林弘幸



キンンスマ 死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい 小林弘幸

何歳になっても人に頼らず自立して生きていきたいですね。
そのためには歩けることが大事です。


寝たきりになる原因に、つまずいて骨折をしてそのまま寝た
きりになり、認知症を患うようになります。
いかに歩けることが重要かわかりますね。


死ぬまで歩けるためには下半身の筋肉を強化する必要があります。

下半身の筋肉を強化するといわれてもどうやったらいいか
わからないという方も多いと思います。


心配ありません、簡単な運動をするだけです。

それはスクワットです。
毎日10回スクワットを行います。

4ヶ月かけて4種類のスクワットを行います。


継続するだけで下半身の筋肉量がアップします。
1週間行なっただけでも筋肉量が増えるのがTVで実証
されています。


筋肉量が増えることで、歩行の時、しっかり足を上げて歩く
のでつまずいたり、転んだりすることがなくなります。


しっかり歩けることで血液循環が良くなり、若返り効果や
ダイエット効果、便秘の改善も期待できます。


小林弘幸先生のスクワット方法は以下の本に詳しく説明されています。





毎日継続することが大事です。





スポンサードリンク