変形性股関節症 股関節痛とは 


変形性股関節症 股関節痛とは 

股関節痛の症状としては、足の付け根の部分の繋ぎめの
股関節が片方、又は両方に違和感がありがくがくしたり、
痛みが強くなって、重症の場合は 歩行も困難な状態に
なります。

激しい運動や一定の動作を繰り返すことで股関節にズレが
生じ、筋肉が収縮して神経が圧迫され痛みとして知覚
されます。

その結果痛みが出て、重症になると歩くことも 困難になります。
老人の場合は転倒するだけでも打ち所が悪いと骨折 したり、
股関節の痛みを感じるようになり、寝たきりに
つながる場合もあります。

普段から下半身の筋肉を鍛えて転倒しないようにして
股関節痛をおこさないように注意が必要です。


・変形性股関節症は自分の骨で治そう!―人工関節をえらぶ前によむ本

・股関節痛 股関節痛の原因

・変形性股関節症の症状

・股関節痛、変形性股関節症の治療法 種類

・変形性股関節症 運動療法

・変形性股関節症 筋肉強化 運動

・変形性股関節症 股関節痛 栄養 食物

・変形性股関節症 股関節のストレッチ

・変形性股関節症とヒアルロン酸

・変形性股関節症 骨量 骨密度検査を受けましょう



赤ちゃんの時の先天性股関節脱臼が変形性股関節症の原因に   


赤ちゃんの時の先天性股関節脱臼が変形性股関節症の原因に 


変形性股関節症の原因として赤ちゃんの時に先天性股関節脱臼
なのに治療をしないでいて、老齢になると股関節に負荷がかかり
変形性股関節症になりやすくなります。

また遺伝的要因で臼蓋が浅いこと、関節が緩いことも原因となります。

赤ちゃんの時の先天性股関節脱臼の原因としては、出生前に母親の
体内で子宮筋腫、多胎、羊水過小などが関与していて、胎児の肢の
位置が悪かったため起きることがあります。

akachan_omutsu.png

出産後の原因としては、窮屈なおむつ
足を伸ばした状態でおむつを巻いてし
まう、通常赤ちゃんの肢はがに股なの
で肢を伸ばした状態でおむつを付ける
のは良くありません。
また厚着 横抱きもよくないとされています。



赤ちゃんの肢の状態が気になるようであれば
早めに医師の診察を受けて下さい。
矯正器具などを使って治す場合もあります。



変形性股関節症の原因





スポンサードリンク